キャッシングをする際には多重債務に注意

キャッシングを利用すると、借金地獄に陥ってしまうイメージを持っている方も多いでしょう。 ですが、実にたくさんの方がキャッシングを利用しています。

日本人のうち、5人に1人がキャッシングを利用しているとまで言われているので、キャッシングをすること自体は珍しい事ではありません。

ただ、そのすべての方が上手に返済を続けられているというわけではなく、多重債務者となってしまっている方もいるようです。

これは、複数のクレジットやキャッシングの返済を行っている方のことで、なにかが原因でうまくやりくりができない状態になってしまうと簡単に返済が滞ってしまうことも考えられます。

現在は多重債務者を減らすために総量規制が導入されたことにより、年収の3分の1を超える貸し付けを受けることができなくなりました。

これは収入で無理なく返済できる以上の借り入れをしてしまう方を減らす目的があったのですが、総量規制の影響でさらに生活が苦しくなってしまっている方もたくさんいます。

キャッシング業者への返済が足りなくなると他のキャッシング業者から借り入れをしているという方もいますが、そのような生活を続けていると多重債務に陥ってしまう可能性があるので注意しなければなりません。

やはり、借入先はできるだけ少ない方が良いですよね。 借入先が多くなってしまうと、返済のスケジュールが立てにくくなってしまうだけでなく、お金に困ったらキャッシングすれば良いという考えが染みついてしまいます。

多重債務しているせいで、どこからもお金が借りられない状況になってしまったという方もいますが、そういった時に詐欺の被害に遭ってしまうことも多いので気をつけましょう。

多重債務のせいでお金が苦しい状態になってしまうと、インターネット上や街中で「審査不要で融資します」、「簡単にお金が稼げます」といった甘い言葉を見かけた際につい手を出してしまう可能性もありますよね。

返済計画を上手に立て、多重債務にならないように心がけなければなりません。

このページの先頭へ