悪質な取り立ては本当にある?

よくテレビドラマなどでかなり乱暴な借金の取り立てシーンがありますよね。 キャッシングをして万が一返済が滞ってしまったら自宅まで怖い人達が押しかけてくるのではないかと不安に感じている人は多いはず。

家に張り紙を貼られたり、家の前で怒鳴り散らされるシーンを想像したことがある人もいるでしょう。 ですが、結論から言ってしまえばそういったことはありません。

なぜかというと、悪質な取り立てをすることは法律で禁止されているからです。 仮に延滞者に対して悪質な取り立てを行った場合、貸金業者側が処分されることになっています。

また、あまりにもひどいケースでは損害賠償を請求できることもあるため、まともな貸金業者であれば悪質な取り立ては厳禁としているのです。

法律ではどのようなことを「悪質な取り立て」として認めているのか一例をご紹介します。 まず、午後9時から午前8時までの時間帯に電話やFAX、訪問などを行うことは認められていません。

延滞したからといって昼夜を問わずに催促の電話がかかってくるようなことはないのです。 また、正当な理由なく勤務先や親族などのもとを訪問することも認められていません。

他にも様々な決まりがあるのですが、それらを守らずに悪質な取り立てをした場合、貸金業法によって1年以内の期間を定めて業務の全部または一部の停止というペナルティを受ける可能性があります。

他にも、返済が滞った際に担保としてクレジットカードや生活保護受給カード、または白紙委任状と印鑑証明書などを要求するのも違反です。

もし取り立てがひどくてそれが悪質な取り立てに該当するのではないかと感じているのであれば、一度貸金業法で定められている悪質な取り立てに該当しないか確認してみるといいでしょう。

ただ、悪質な取り立てがないというのはまともな貸金業者からお金を借りた場合の話です。 ヤミ金などはかなり悪質で乱暴な方法を使って取り立てをするケースもあるため、キャッシングを利用する際には優良業者から借りましょう。

このページの先頭へ